QUE CONCEPTMAR

Orné de nombreux magasin de peinture à l'huile serait le travail et l'influence de sa mère qui a grandi en regardant leur mère à un âge précoce à côté de dessin peinture à l'huile et l'aquarelle peinture à l'huile artiste, toujours créant et en exécutant la vie Creative Director Tokunaga, à côté de 2016 À moyen terme, Commencé à PB marque et Lune magazine design propre.

++ Féminin partie sorti de femme forte et indépendante direct de souffle, vidé champagne, cireur de chaussures, je montre parfois de telles scènes aux particuliers basés sur le concept de la marque.

Notre inspiration urbaine et naturelle continuera à la mode de la forme.

Simple mais raffinées et indépendantes des adultes ON et des

Casual & formelle en mettant l'accent sur le confort matériel

Nous offrons fashion.

Nous espérons que vous recherchez vous-même pas encore vu à travers mode.


MONMAGASINとはクリエイティブディレクター徳永により世界観のある生活をコンセプトにデザインされたPBブランドであり、主にフランス北西部郊外に見られる古い建造物、古い教会、修道院内部装飾などをモデルに建設されたLIFESTYILESHOPのプライベートブランドであります。2F倉庫に使われていた屋根裏をデザイン兼アトリエとして改装され、そこからシューズマリアンヌのデサインがスタート致しました。

mon magasinのブランドネームの背景~由来は

monは私の~(フランス語)

magasin は 倉庫、お店~ (フランス語)

を意味するブランドネームと致しました。

nameベースには、<ここは私のお店> 私の好きなファッションがあるお店。

と愛されるブランドを目指して名づけられました。


住宅街にリアルに再現されたMAISONは、フランス北西部郊外に見られる古い小さな教会をコンセプトに建設され、アトリエM一級建築士本橋氏他、土佐漆喰&石モザイクタイル他オブジェ製作芸術家の中林氏などの協力を得て2012年に現在のshop&アトリエを完成後、2014年

建設された建物の1Fにフランス北西部ブルターニュ地方の郷土料理を主とするcafe de lafetをopen。後に2017年にはパリのアパルトメントをイメージした屋根裏2Fのライフスタイルショップmon magasinをOPEN。

そして2016年PBBRANDとなるモンマガザンSHOES MARIANNEの企画デザインを開始致しました。





モンマガザンのクリエイティヴディレクターの徳永は、幼い頃から隣で油絵や水彩画を描く実母を見て育った油絵画家の母の影響もあり、店内にはその作品となる多くの油絵を1FにOPENしたCAFEに展示されています。常に創造し形にする事をライフワークとするクリエイティヴディレクター徳永は、次に2016年中期、自らのPBブランドとなるモンマガザンのディレクションを開始致しました。

COMCEPT

+遊び心と夢心を持って、自立し強く生きる男女が、息を抜き、ふと時折見せるフェミニンな部分を表現してみる+ そんなroomcafeの1シーンに始まり、古き時代から来るインスピレーションと現代のヨーロピアンカジュアル&フォーマルファッションカルチャーに学び、現代のネオモードにフォーカスしたブランドコンセプトを常に創造しております。

私達は都会と自然のインスピレーションからファッションを形にして参ります。

洗練され、遊び心を持った大人のONとOFのスタイル。

ファッションを楽しみ、まだ見た事のない自分の姿、自分らしいファッションを見つけて頂きたいと思います。



CONCEPT


Shoes Marianneは、まるで生きているような靴をコンセプトにデザイン致しました。

軽さ、柔らかさ、履きやすさを優位に、厳選した素材の選択、シルエットの創造、カラーリングから製作され、足元をすっきりと柔らかく包み込むように、アッパーには柔らかいカウレザーキップを素材に品番によってはあえて靴芯を抜いた状態で完成としております。

カジュアルになりすぎないデザインは、オールマイティーに、デニム、カジュアルスーツ、フレアスカートなど合わせて履いて頂ければ、すっきりとしたスタイルを演出致します。足元にフォーカスした各スタイルのマリアンヌがモンマガザン特有の美しいコーディネートを表現致します。

Shoes Marianne はファッションに

特別なテクニックを必要とせずとも、カジュアル&フォーマルスタイル、真夏の裸足マリンルック、デニム、スカートスタイル問わず、すっきりとした足元を表現するシンプルなレザーシューズです。

熟練した靴職人さんが、高級革カウレザーキップをソフト加工した革を、主にアッパー部分に使用しております。901~905シリーズは、主に柔らかさをコンセプトにしております。 

906シリーズは、ドレッシーなスタイルに

トラッド色の強いデザイン、また本革の特性を生かしたモードクラシックスタイルにて上品なアッパー仕上げを施し、カジュアル、フォーマル問わず幅広くコーディネートを楽しめるスタイルの靴であります。

マリアンヌは長年外反母趾専用靴職人さんの経験から産まれた靴づくりの技、基本をベースにデザイン製作されております。

定番からオーダーデザイン製作の2バリエーションを可能に致します。


BRAND CONCEPT 

遊び心、夢心のある大人のFASHION

BRAND POLICY

1常に世界観を持ってFASHIONを

 創造する事

2トレンドに左右されない一体感を表現する事

3インスピレーションを形にする事

4ファッションに制限を設けない事

5オーセンティックな素材にフォーカスする事

6着心地、履き心地の良さを優位にする事

7シンプルであり独特のスタイルを表現する事




クリエイティヴディレクター

ご挨拶

時は1960年代~高度成長期~バブル経済を迎えた日本は、この時期から様々なトレンドを海外カルチャー~取り入れるようになり、ストリートに見られるファションコーディネートには〇〇系というカルチャーが生まれました。

音楽、ファッション、TV、映画等々、様々な世界化が始まり、若者が中心となってそれぞれにトレンドが形成されて行きました。

時は1990年代初頭 私は当時VMDという当時まだあまり普及していなかったファッションマーケティングを学んでおりました。

待つスタイルから提案型へ、、。

ショップディスプレイ、動線、トレンド動向などを踏まえて消費者に提案して行く、

提案型のスタイルを構築するのに、当時師匠であった方に厳しく学んでいた頃でした。

『提案型スタイル』 こんな生活、こんなファッション、こんなインテリア、こんなコーディネートはどうでしょうか? とあらゆる分野にこの提案という言葉が飛交う時代でした。

そして物欲から~事欲の時代となり、海外旅行、アミューズメント、スポーツ、娯楽などに必要な洋服、バック、アクセサリー、ヘアースタイル? 或いはTPOに合わせるファッションとは?

テーマ、コンセプトから生み出される提案型ファッションショーが盛んに毎年開催される

時代となりました。


1950年代 60年代のアメカジ、イギリストラッド、イタリアンカジュアル、またある方はサファリ系、インディアン、バイカー、サーフィン、ミリタリー、ストリート、ウエスタン、モード系、ラグジュアリー、DCブランド他ストリートはお洒落を意識する人々で溢れて行きました。

次々に新しいトレンドが生まれました。

womenにおいてはコンサバスタイル、フェミニン、レトロ、ナチュラル系など他にもありとあらゆるファッシヨンスタイルが、TPOに合わせてカテゴリーを形成していきました。

アメカジ、イタカジ、3高などと言葉が生まれた時代でもありました。

そしてバブル崩壊後の涼しい時代の到来~リーマンショック、定番ファッション、アパレルの

海外生産の時代が到来。


ヘアースタイル、メイク、食、音楽、娯楽に関する衣食住遊も海外文化を上手く取り入れ、産業は発展成熟し、物は溢れ、人はそれぞれに自分自身のアイデンティティを確立していきました。

私達は、トレンドに敏感でなければならないとは思っております。しかしトレンドを優先主導としてはならないと考えます。

トレンドによるファッションに限定を作らず、ファッションを通じて多くの方々が

ご自分のFASHIONをより楽しんでいただきたいと存じます。

私はファッションデザインは創造につきると考えます。必要以上のデザインを押し付けてはならないとも考えます。

今現代は、成熟したモードサイクルの時代が目の前に来ているのではないか?とも考えます。

それはあらゆるファッションが定番スタンダートとなった時代にその根拠を創造します。

シューズマリアンヌは主役である皆様を素敵な場所へ案内し、隠れていた魅力を引き出して行くきっかけのシューズであって欲しいと思いを込めた靴であります。

もしマリアンヌと御縁があった方は、是非友達になってあげてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

 T.Tokunaga




Creative Director


Time started to introduce various trends to Japan where high growth was experienced and bubble economy was met in 1970 's from overseas culture from this time, and culture as a zero zero course was born in the fashion coordination which can be seen on a street.

When I called time VMD in 1990 's, the marketing which has not been widely used so much yet was being learned.

It's the one which was hit by the person who was a teacher hard about a trend every day then to build a style of the suggestion type.

The person who has AMEKAJI, the United Kingdom and Italian casuals again in 60 's in 1950 's is a safari, a Native American, a bye car, surfing, a street, Western and a mode course and others.

Besides every fashion style also added the natural system to T.P.O, and retrospectively, a category was formed out of condition mackerel and feminineness.

AMEKAJI and ITAKAJI, and, a word was also the born time.

juuyuu of food and clothing about the hairstyle, a make, an appetite, music and an entertainment also took overseas culture in well, and development was matured for industry, and a thing overflowed, and a person established his identity in each.

Many persons have a breather with affection in every item through fashion in the opaque time for us so that Sakurabana can have do a life.

When Marianne guides everybody to a nice place and wants you to go, they're the shoes in which expectation was included, 

T.TOKUNAGA